生活習慣病

ローヤルゼリーのデゼン酸って何?

美容や健康に詳しい方でしたらご存知かもしれませんが、ローヤルゼリーには「デゼン酸」と言われる栄養成分が含まれています。
そもそもローヤルゼリーというのは、女王蜂からしか摂取出来ない栄養素であり、その中に含まれているのがデゼン酸です。
他のどんな食材、植物、動物にも存在していないデゼン酸は、まさに唯一無二の栄養成分であり、希少価値が高くなっています。

それではデゼン酸はどのような効果を期待することが出来るのでしょうか?現代社会では生活習慣病が問題視されています。
規則正しくバランスの整った食生活をしていれば、ある程度生活習慣病を予防することが出来ますが、食文化が欧米化してきたことによって、どうしても食事のバランスが乱れてしまっているのが現状です。
和食は世界でも類を見ないほど健康に優れた食文化であり、和食がメインだった一昔前までは生活習慣病という言葉すらまだ無かったのです。

生活習慣病の主な原因が「血糖値の上昇」「コレステロールの過剰摂取」です。
デゼン酸は血糖値の低下、及びコレステロールの低下作用があります。
つまりデゼン酸によって生活習慣病を予防することが出来るのです。

また癌を抑制する「抗腫瘍作用」も期待することが出来ます。
癌そのものを治療するものではありませんが、天然の抗生物質と呼ばれているくらいですから、デゼン酸を摂取するのとしないのでは、癌の発生率が大きく変わってきます。
さらに更年期障害や自律神経失調症を予防してくれます。
このようにデゼン酸には様々な効果があることがわかります。

ローヤルゼリーはこのデゼン酸がどの程度含まれているかによって品質が変わり、価格にも影響してきます。
もちろんデゼン酸が多く含まれていれば、その分高品質のローヤルゼリーとなり、その分割高になります。
比較サイトなどを実際に確認してみるとよくわかりますが、ローヤルゼリーによって、デゼン酸の数字が異なっています。
そこに注目をしてローヤルゼリー選びをすることが大切です。

このページの先頭へ