生活習慣病

生ローヤルゼリーってどんなもの?

ローヤルゼリーの種類の一つとして「生ローヤルゼリー」というものがあります。
これは採取したばかりのローヤルゼリーのことをいい、人に手によって加熱や成分の追加としたことを何もしていない状態のローヤルゼリーです。
ローヤルゼリーの中でも最も高品質な状態であり、加熱をしていませんので元々の栄養素が全てそのまま残っています。

しかし一つ問題があり、保存を管理が難しいというデメリットがあることです。
いわゆる生物ですので劣化が早く、保存をしておくためには、それなりの知識が必要です。
多くのメーカーではこの保存方法を確立させていますので問題ありませんが、例えば海外産の生ローヤルゼリーの中には、保存状態が悪く、劣化してしまっているものもあります。
それに比べて、製品タイプのローヤルゼリーは保存しやすく、錠剤やカプセルに加工されているので手軽に摂取しやすいです。

信頼出来るメーカーの生ローヤルゼリーでしたら、鮮度が高い状態で維持をしていますので、栄養素も凝縮されています。
そしてこの生ローヤルゼリーの状態が、ローヤルゼリー最大の特徴であるデゼン酸が最も多く含まれているのです。
そのため、若干酸味がありますが決して腐っているワケではありません。

この酸味はデゼン酸特有のもので、最も多くデゼン酸が含まれている状態ですので、その分酸味が強くなっています。
生ローヤルゼリーを摂取する際には、開封をしたら早く食べてしまうことです。
開封後は徐々にデゼン酸が劣化していきますので、酸味は少なくなりますが、その分デゼン酸の量も少なくなっているのです。

せっかくの生ローヤルゼリーもこれでは台無しです。
もしご家庭で保存をされるのでしたら、摂取する時だけ開封し、必要な量を取り出したらすぐにフタを閉めて冷蔵庫に保管をしましょう。
このような特徴のある生ローヤルゼリーですので、持ち運んでいつでも摂取することは困難です。
もし普段から仕事で外出をすることが多いのでしたら、生ローヤルゼリーよりも乾燥ローヤルゼリーを選ぶことで、いつでもどこでも劣化することなく摂取することが出来ます。


このページの先頭へ